建物を守りたいなら屋上防水工事は必要不可欠

建物の資産価値をキープするためにも防水工事を行なおう 建物の資産価値をキープするためにも防水工事を行なおう

雨や雪から住宅を守る!屋上防水工事の重要性

雨は日本全国どこの地域でも降りますが、特に雪は地域によってかなり降雪量が多いところもあり、建物を守るための屋上防水工事が重要です。屋上防水工事の目的やコツについて、重要ポイントを把握しておきましょう。

屋上防水工事の目的

防水工事をすれば住みやすい住宅になるだけでなく資産価値の維持にもなる(40代/男性)

日本は雨が多い地域ですから、屋上防水を怠ると水のトラブルに遭いやすいのが難点です。逆に、屋上防水をしっかり行なっておくと、建物の資産価値を上げることができます。また、雨漏りや水漏れの心配がないため、住みやすく快適な建物を維持することができるのです。屋上防水をしなかったがために漏水や雨漏りに遭ってしまうと、屋上防水工事だけでなく修繕工事までしなければならず、費用が余計にかかる上に工事の手間もかかります。

屋上防水工事で住宅の寿命を延ばすコツ

点検で最適な時期を見極める
住宅の寿命を延ばすには、最適な屋上防水工事のタイミング を見極めることが大切です。そのためには、こまめに建物の点検を行なっておきましょう。そして定期的に屋上防水工事を行なうことで建物の劣化を防ぐことができます。ちなみに屋上防水を施工してから10年も経てば、かなり劣化が進みます。雨漏りや水漏れに発展する前に、定期点検や屋上防水工事を行ないましょう。
下地補修工事も重要
屋上防水工事を行なう前にしておきたいのが、下地補修工事です。下地補修工事では亀裂や欠損部分を埋めたり、突起を削ったりして素地面をきれいにしていきます。下地補修を怠ると、劣化による漏水などが起こりやすくなるので注意しましょう。また建物そのものだけでなく、排水や電気設備に影響を与えてしまうこともあるので気を付けましょう。
屋上の劣化状況を見極める
屋上は、常に紫外線や雨などの自然環境にさらされています。そのため、劣化は日々進んでいると認識してよいでしょう。劣化している箇所や状況を見極めた上で、適切な屋上防水工事をする必要があります。例えば、建物に生じるクラックと呼ばれるひび割れにも種類があり、鉄筋の腐食にまで進行するものもあります。モルタルが塗ってある部分も、経年劣化で床面に浮きが発生しやすくなるため、鉄筋が爆裂している部分にも注意しておきましょう。

知識が豊富な屋上防水のプロに依頼することも重要

女の人

屋上防水工事は、防水工事専門業者に依頼することが大切です。防水工事歴は10年以上あるのが望ましいでしょう。ちゃんとした職人が所属している業者かどうかも重視したいポイントです。加えて、会社の代表者や工事責任者が視察や管理を行なってくれる、工事に対する保証が充実しているかどうかもしっかりと確認しておきましょう。

TOPボタン