屋上防水工事をする前に現状把握~素材ごとに変わる劣化具合~

建物の資産価値をキープするためにも防水工事を行なおう 建物の資産価値をキープするためにも防水工事を行なおう

各屋上防水工事の状態と雨漏りの関係

屋上防水工事では、使用されている素材ごとに被害の状態が違ってきます。雨漏りとの関係を考えながら、素材ごとのトラブルを見ていきましょう。気を付けなければならない点を自宅の屋上に照らし合わせてチェックしてみてください。

アスファルト防水の場合

伸縮目地材
アスファルト防水は気温や湿度の変化によって、膨張収縮するのが特徴です。その作用を緩和させるために用いられているのが伸縮目地になります。伸縮目地には防水層の破断などを防ぐ効果がありますが、時間が経過すると膨張を吸収できなくなります。この状態になると、防水層が破壊されてしまう恐れがあるので、屋上防水工事を早めに行なったほうが良いでしょう。
押さえコンクリートの劣化
床面を押さえているコンクリートが膨張して押し出されると、地震などによって建物が動いたときコンクリートにひび割れが生じます。コンクリートのひび割れで留まれば良いですが、その部分に雨水が侵入すると、防水層がもろに影響を受けてしまうため、雨漏りトラブルへと被害が拡大してしまいます。この場合も伸縮目地の時と同様に早急に屋上防水工事に取り掛かったほうがよいでしょう。

ウレタン防水の場合

ウレタン防水層の劣化
ウレタン樹脂を塗りつけて防水膜を作ったものが、ウレタン防水です。継ぎ目のないきれいな防水膜が特徴で、工法によっては膨張してしまうのがネックです。防水膜が薄い部分は、紫外線や熱によって劣化しやすいのも特徴で、地震などにも抵抗性がありません。そのため、破れや亀裂が起こりやすく、屋上防水工事を行なう必要が出てくることがあります。
トップコートの劣化
トップコートも、工法や環境によって劣化が進みやすい部分です。素材の劣化が進行すると、雨漏りや水漏れが発生しやすくなります。また、既に雨漏りが発生しているような場合は雨漏りの補修工事と屋上防水工事の2つが同時進行で必要になり、費用も倍になる上、期間的にも対応までに長期間かかってしまいます。こうなってしまう前に、専門業者に点検依頼をしておくのが無難です。

雨漏りが発生する前に屋上防水工事を

屋上防水の状態を定期的にチェックして、雨漏りが発生する前に屋上防水工事に着手しましょう。手遅れになると、二重の費用がかかってしまいます。

TOPボタン