屋上防水工事をしてはいけないタイミングがある~雨の日は基本NG~

建物の資産価値をキープするためにも防水工事を行なおう 建物の資産価値をキープするためにも防水工事を行なおう

雨を防ぐ役割の屋上防水工事は雨の日にしてはいけない

屋上防水工事は、文字通り雨を防ぐためにする工事です。そのため、工事に雨天は関係ないと思うかもしれませんが、逆に雨の日には工事を避けたい理由があります。

屋上防水工事に関する疑問

どうして雨の日にしてはいけないんですか?
雨や雪の日に屋上防水工事を行なうと、仕上がりに影響が出てきます。なぜなら、使用する塗料が雨に触れると硬化不良を起こしてしまうためです。つまり、そのぶん品質が悪くなるということです。また、湿気にも弱く、湿度が85%以上あると要注意です。理想は、気温5度以上で湿度が85%未満。接着不良なども起こりやすいため、天候には十分に注意しましょう。
雪の日は大丈夫ですか?
雨の日と同様に、雪の日も屋上防水工事には不向きです。というのも、屋上防水工事には、気温と湿度が強く関係するためです。気温が5度以下に下がり、湿度も85%以上になってしまうと、完璧にアウト。塗料の質が低下し、素材の接着力も悪くなります。都会ではあまり雪が降りませんが、それでも湿度の条件を忘れずに着工するかしないかを決めましょう。
屋上防水工事が可能な条件を教えてください。
屋上防水工事を抜かりなく進めるにあたって最適な条件は、気温が5度以上で湿度が85%未満の環境です。雨や雪の日は工事にふさわしくないことがわかり、気温や湿度には敏感になっておく必要があることもわかります。屋上では、雨や雪が降るとどんどん水がたまっていきます。そもそも雨除けをする工事ですから、雨が降らない日に屋上防水を進めるようにしましょう。
雨が降ると屋上防水工事の種類に関係なくできないんですか?
雨や雪の日には、屋上防水のどの工法でも工事は行なわないのが適切です。屋上には屋根がない場合が多く、外壁のように養生ができるわけではありません。塗料が変質してしまったり、シート防水の接着不良になったり、工法ごとにダメージがクローズアップされるのです。朝から降っている日はもちろん、途中から雨が降り出す日にも注意が必要です。

屋上防水工事は雨が降ってない日に行ないましょう

雨

屋上防水工事を無駄なく上質に仕上げるために、雨の日の工事は避けるようにしましょう。そうすることで、仕上がりの長持ちにもつながります。

TOPボタン